読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セルロース

セルロース (cellulose) とは、分子式 (C6H10O5)n で表される炭水化物(多糖類)である。植物細胞の細胞壁および植物繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物である。繊維素とも呼ばれる。自然状態においてはヘミセルロースやリグニンと結合して存在するが、綿はそのほとんどがセルロースである。セルロースヨウ素デンプン反応を示さない。デンプンと同じくグルコース分子を構成単位としながら、セルロースヨウ素デンプン反応を示さないのは、この反応が分子の形状に由来するためである。また、セルロースは非常に安定で、酸や塩基に対して強い抵抗を示す。加水分解によりグルコースになる。

セルロースの分解には硫酸や塩酸が用いられるほか、酵素セルラーゼが用いられる。リグニンと結合したセルロースは単独状態よりもさらに化学的に安定であるため、分解は非常に困難であり、工業的な利用を妨げている。ナノレベルの極細繊維。製造コストが安くなって(1kgあたり1000円以下)様々な利用(自動車のボディー、日焼け止めなどの化粧品、食品、ボールペン、消臭シートなど)が考えられている。チクソ性がある。[18]。鉄より硬く(鉄の半分の重さで5倍以上の力に耐える)、樹脂と混ぜると軽く丈夫(厚さ2倍の場合、鉄より軽く同じ強度)になる[19]。

これから引越しをする人に少しでも参考になりますように